ブログ

復縁したい時にやるべき事

復縁したければ、まずは落ち着き客観的に自分をみつめなおす

恋人などにフラれてしまった場合、どうしても復縁したいのであれば、まずは自身の過去~現在~未来を見つめなおす事から始めましょう。

元恋人に対して、ただがむしゃらに復縁を迫ってもほぼ100%復縁出来ません
もしも復縁出来たとしても、数日後に改めてフラれたり、最終的には絶対に別れます。
それは当然の事であり、すごく自然な流れなんです。

貴方がフラれたのはなにか原因があるからですよね?
縋り付いた上で復縁したとしてもフラれた原因の解明が出来てないから同じ事を繰り返すだけです。

原因があって別れたのにも拘らず、縋り付くように復縁を迫られたら誰だって嫌なものです。

別れを切り出す方だって、色々考えた結果の上で覚悟を持って別れを切り出している訳ですから、自分の気持ちばかり相手に押し付けるように『復縁したい!』『全部直すからやり直そう!』『貴方じゃなきゃダメ!』などと伝えるのはNGです。

もっと相手の事も考えてあげましょう。

ただし、相手の事を考えられるだけの余裕を持つというのはフラれた直後の心境では非常に難しいことでしょう。

だからこそフラれた直後、直ぐに復縁しようとするのではなく、1ヶ月~3ヶ月程度かけて復縁しようと自分に言い聞かせて下さい。
直ぐに復縁を迫った場合の復縁確率と、1~3ヶ月程度の間をあけた場合の復縁確率では1~3ヶ月程度間をあけた時の方が数倍も復縁出来る確率が高いのです。

別れた直後から元交際相手と連絡の取れる状況なのであれば、復縁は迫らず、しつこく連絡をしないを大原則に、程よく関係を保ちましょう。

別れてから1ヶ月~3ヶ月は冒頭で説明した「自身の過去現在未来を見つめなおす」時間に費やすのです。

過去を見つめるというのは、フラれた原因を理解することです。
良くあるフラれた原因一覧
【浮気・金遣い・ギャンブル癖・DV・必要以上の嫉妬・我儘な性格・ヒステリックな性格・自分の事しか考えていない・他に好きな人や気になり人が出来た】

現在を見つめるというのは、今、自分が置かれている状況を把握し、元交際相手にとって自分に足らない部分を模索することで自身が直さなければいけない所を明確にすることです。

未来を見つめるというのは、明確な目標を掲げ、逆算する事によりしっかりと復縁プランを組む事です。

この様に、順序立てする事によって飛躍的に復縁確率が上がります。

元交際相手が貴方に求めているのは別れた直後の貴方ではありません。
一皮剥け、大人になった貴方なのです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ
ページ上部へ戻る