ブログ

復縁したいなら自分を変える覚悟も必要です

別れるには原因がある

男女の恋愛においてスタートがあるのと同様に終わりが来ることもあります。相手に愛想をつかせた、気持ちが冷めてしまったとか相手の仕事や家庭の都合、金銭面や他に好きな人ができてしまった等別れの理由は様々であり、交際していた二人にしかわからない感情や理由が存在します。ただ、未練が残る別れもある事は確かです。その場合、無理矢理にでも忘れるという策を取るか、復縁を望むかは未練のある方が決めて行動します。ただ、別れるには何らかの理由があるのですが、そこに自分の原因がないか思い返しましょう。もし、自分に非があったと思うならそれを直して自分を変える事は必要です。これまでの一つ一つの喧嘩や相手の言葉、自分の行動や発言を見直し、出会った頃に相手がどんな所を好きになってくれたのか、またどういう付き合いを望んでいたのかを見直します。そして、本当に相手の事が好きなのか、情に流されていないか、寂しいだけではないのかという自分の気持ちも確認しましょう。自分の考えや価値観、性格を変えるのは容易なことではありません。ただ、本当に好きなら人は変わる事が出来るのです。変わる事で復縁できる可能性があるなら、その覚悟を持って挑みましょう

復縁のために自分を変える方法

まず大切なのは、頭の中を整理する事です。人間は、言葉にだしたり、書き出したりする事で脳の整理がしやすいのです。ただ、人に話す事も良いのですが、聞いてもらう相手に負担がかかってしまうこともあるので、ノートに書き出すか、携帯のメモ機能を利用すると良いでしょう。そして、最初に出会った頃の二人を思い出します。そして、相手が自分の好きだと言ってくれた事があれば書き出しましょう。次に交際中に喧嘩や注意された事、相手が希望していた事を書き出します。そこで、出会った頃交際中自分の変化を確認します。例えば、はじめはしっかりお洒落をしていたけど付き合ううちに自分を構わなくなりお洒落もしなくなった、相手のために食事や身の回りのことを出来る限りやっていたけどやらなくなったとか相手のプライベートに入りすぎた、束縛しすぎた等出来る限り書き出します。人は矛盾わ嫌う傾向があるので、はじめの頃と変わってしまったと感じると気持ちも変化するのです。そして、相手の好きな所や嫌いな所も同時に書き出します。これは本当に自分が相手に復縁を求めるかの気持ちの確認になります。もし嫌なところを書き出して気持ちが薄れるようなら、本当に好きではないかもしれません。

復縁のために覚悟して自分を変える

自分を変えるという事は、かなりの覚悟が必要になります。なぜなら自分の譲れない部分やこだわり、プライド、捨てなければならないからです。それでもまた交際をしたいと思えるような人であれば、変える覚悟は出来るはずです。別れて距離を置いている、相手との交流を絶っているならその間に自分磨きをしましょう。例えば、交際していた頃より綺麗になるように美容に力を入れる、視野を広く持てるように他人の意見を聞いてみる、そして相手がどんな人を望んでいるのか分析して自分の足りないところを補うための自己啓発を行います。マニュアル本を読んだり、異性の心理を研究するのも一つです。何も変わらないうちから相手に復縁を求めても結果は良い方向には向かわない確率の方が高いのですから、自分が変われた、これならアタック出来ると自信が持てるまで復縁を求めるのはやめましょう。そして、相手との連絡も控えながらも相手の様子もうかがいます。たまに連絡して、元気かどうかや最近どうしてるかくらいの連絡、または共通の知り合いを通してなどタイミングをうかがうことも必要です。別れているので、相手に他に好きな人ができてしまうかもしれません。しかし、復縁をしたいなら自分を変えて必ずまた付き合えるように覚悟をもって挑む事これが重要になります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る