ブログ

失恋の悲しみによる勢いで復縁を迫るのは危険!?

TSU853_kinmirani_TP_V

復縁するには戦略が必要!

人生の中で一度や二度、失恋を経験している人はたくさんいるはずです。でも、その後で何組かのカップルは元のサヤに収まっているというのも事実です。失恋は振った方はこの人とこれ以上付き合いを続けられないという理由がはっきりしていますよね。でも、振られた方はみんながみんな振られた理由の心当たりがあるという訳ではありません。まずはショックで頭が真っ白になり、そして次にどうしてという相手に対する怒りのようなものが湧いてくるかもしれません。それからひとり置き去りにされた寂しさや孤独感。そうなると自分がかわいそうで、相手のことが好きならば好きなだけ何とかもう一度自分と付き合って欲しいと考えるのは自然なことではないでしょうか。しかし、実際はすべてのカップルが復縁できるわけではありません。もう一度相手と付き合いたいと思うのならば、それなりの戦略が必要です。そこが元サヤに収まることができるか、永遠にお別れするかの分かれ目と言えそうですよね。多くの「永遠にお別れ組」は、どうも行動を起こすのが早すぎるように見受けられます。自分をかわいそうだと思い込む勢いだけで相手に復縁を迫ると、まず100パ-セントうまくいかないということを覚えておきましょう。

悲しくても何とか時間を稼ごう!

では、どうしたら去って行った相手の心をもう一度振り向かせることができるのか。まずは失恋の理由を冷静に分析してみてはいかがでしょうか。悲しくてそれどころではないのは当然かもしれませんが、ここは時間を稼ぐことに専念してください。復縁を迫るのではなく、まったく他のことを始めるなりして振られたその時から時間的に距離を置くのです。悲しみのどん底にいて何もやる気が起こらないという人は、相手に連絡を取ること以外ならば何かをやる気が起こるまで1日中ボ-ッとしていても構いません。時間を稼ぐという行為は、何も自分のためばかりではありません。自分と会わない時間を過ごすことによって、振った相手の方だって冷静になることができますよね。相手にしてみれば別れたいから別れ話を切り出したのだから、その直後に復縁を迫られたら、スト-カ-になるのではないかと余計な警戒心を持たれかねないのではないでしょうか。そして少し元気が出たら、失恋の原因を考えてみましょう。もしかしたら自分の性格や行動が引き金になったのかもしれません。それが直すべきものならば、ちょっと違う自分になる努力をしてみませんか。はきっとすぐに復縁を迫ることよりも、後になってずっとプラスになる行動に違いありません。

違う自分を新たに紹介!

さて、そんな「失恋の現場」から時間的に遠ざかるにつれて、見えてくるものは必ずあるはずです。果たして自分を振った相手は本当に自分にとって必要な人なのか。そして、自分は以前の自分と比べて前向きに変わることができたのか。もしもどちらもイエスならば、ここで初めて再度失恋した相手にアタックしてみても良いのではないでしょうか。相手もその頃には冷静になれているはずですから、もしかしたら、別れたことを後悔しているかもしれませんよね。反対に新しいお相手とお付き合いを始めているかもしれません。それならそれで仕方がないとキッパリ諦めることが肝心です。心配することはありません。もしも残念なことにもう一度同じ相手に失恋したとしても、現在の自分は付き合っていた頃の自分とは違います。失恋という悲しい出来事を正面から受け止め、すぐに復縁を迫ったりしないひとりの大人として前よりも成熟しているはずです。そんな自分にピッタリ合う相手は必ず見つかります。大切なことは振られた相手と会わなかった時間に前向きに努力した自分です。復縁できたにしろできなかったにしろ、ひとつだけはっきりしていることは、人間として成長した自分を実感することができるということでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る