ブログ

占いに頼ってないで!自分のチカラでパートナーと復縁する方法

占いの結果にこだわりすぎるのは失敗の元

恋人との不仲の原因がわからない、もしくはわかっていたとしても、一度亀裂の入った二人の関係を修復する方法を考えるのはとても大変です。藁にもすがる思いで、占いに頼ることもあるでしょうが、占いの結果はあくまでも他人の意見であり、本当にその通りの行動を起こせば解決できるとは限りません。場合によっては、占いの結果通りに実行することで、二度と復縁できない事態に陥るリスクを伴うこともあります。本当に復縁したいのであれば占いのような抽象的な他人の意見ではなく現実的な行動を起こすことが大切です。また、自分自身で復縁の努力をすれば、心の成長にも繋がります。恋人とのつきあい方のコツを学習するという意味でも役に立ちます。最初に考えることは、別れた原因についてよく追求してみることです。相手を振ってしまった場合、相手に振られた場合など、恋人同士が別れてしまうパターンにはいくつかありますが、それらのきっかけをよく思い出して、次の行動にうつすようにすることをおすすめします。何も考えずに、ただ思うがまま相手に意見を求めると、余計に相手が離れていってしまう危険がありますので、十分に注意しましょう。

 少し時間をおいてさり気なくメールで連絡

振ったり振られた直前というのは、お互いに冷静になれない精神状態に陥っています。いつもは仲が良かったのに、些細な事で喧嘩をして、勢いで別れ話が飛び出した時にはすぐに謝ってしまっても構いませんが、それ以外の理由の場合、別れ話の後にすぐ復縁を持ちかけるのはうまくいかないことがありますので、心を落ち着かせるためにも少し時間をおいてみましょう。復縁したい気持ちもわかります。好きだから連絡したい気持ちもわかります。ですが、おおよそ1ヶ月から6ヶ月くらいの時間をかけて焦らずに実行することをおすすめします。自分から振ってしまった場合には、その時の気持ちをまず冷静になって整理してから、さり気なく相手にメール連絡をしてみるとよいでしょう。復縁したいから会ってほしいなどのような、直接的な復縁の内容で連絡しないようにすると、相手が応じてくれる可能性があります。振られた場合には、冷却期間をやや長めに取ります。相手が自分から離れてしまった原因について、よく考えてみましょう。自分の考えを押し付けたり、相手の話をよく聞かなかったり振り回すような行動はやめましょう。相手の心が疲れきってしまう可能性があります。2ヶ月くらいはじっくり考えてメールしてみます。メールは重すぎない内容で、コツコツと時間をかけて連絡をとりあうのがコツです。しかし恋愛というのはそうもいかないのが恋愛だと思います。一人で解決できないのであれば復縁屋に相談してみるのも方法だと思います。東京都のご依頼者様から以前、

「突然別れ話を切り出されショックすぎてどうしていいかわからず復縁屋に依頼をお願いしました。その結果、色々なアドバイスを頂いたり一緒になって行動してくれたりして復縁屋のおかげで彼から戻ろうと言ってきました。本当にありがとうございました。」との嬉しいご連絡も頂きました。一人で悩まず復縁屋に相談してみるのも一つの方法だと思います。

 メールの次に電話その後に直接会ってみる

メール連絡を何度か行っている内に、自然に連絡を取り合えるようになってきたらチャンスです。そろそろ別の行動に移してみましょう。いきなり会うよりも、電話をかけてみるのがおすすめです。電話では直接会う方向へと、会話内容を考えるようにしたいところです。くだらない話だけでも時にはOKですが、前に進むためには会えるきっかけを作りましょう。例えば、購入したいものがあるが何を選んだらよいのかわからないので、一緒にお店で見て欲しいなど、何気なく会うことができる環境を作り出すようにすると、相手が誘いにのってくれることがあります。相手が乗り気でなかったら、無理に誘わないようにしてください。しばらく時間をおいてから、また電話連絡をしてみましょう。この時に自分のほうが怒ったり、拗ねるような態度を取ると、相手も不愉快になりますので、ぐっとこらえて返事をすることが大切です。実際に会ってみて、その後も連絡をくれたり、直接会ってくれる機会が増えたなら、復縁できる可能性が高いといえます。この状態が半年くらい続いたのであれば、さり気なくもう一度やり直したい気持ちを相手に伝えてみてもよいでしょう。その際には無理に同意を求めるような話をしないよう、気をつけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ
ページ上部へ戻る