ブログ

もう一度彼女とやり直したい!彼女と復縁したい人のためのメールテクニック

別れの原因をしっかり考えて

別れた直後は寂しい気持ちがありますので、つい頻繁にメールを送ってしまいがちです。しかし、その時に寂しい、会いたい、復縁しようなどと自分の気持ちを押し付けてばかりでは、多少未練の気持ちが残っていても、警戒心や嫌悪感の方が上回る可能性が高くなります。そのため、別れてからメールを送る場合には、これまでの感謝、別れた原因がわかっている場合にはそれに関する謝罪などを書くようにしましょう。また、この時に思い切って別れの言葉をはっきり継げることで、相手は逆に気持ちが残る可能性があります。気持ちの上では復縁を願っているとしても、文面でははっきり関係を終えた態度を示すようにしましょう。潔さを見せることで、相手は逆にこちらを見直したり、もう自分に対する気持ちがなくなっているのかと気になります。好きの反対は無関心といわれるように、興味を持たれなくなるよりも脈があります。なお、別れの原因が不明であった場合には、下手に想像して相手の認識と異なる内容を書いてしまい、逆効果になります。その場合には、これまでの感謝と、幸せにできなかったことに対する謝罪を付け加えていく程度にとどめておいた方が良いでしょう。

 相手にしつこいと感じさせない方法

きちんと別れを告げたのち、復縁希望の相手にメールを送るときの方法はいくつかあります。例えば、相手が好きなイベントなどがあれば、それについての情報をチェックしておいて教えたり、逆に共通の知り合いの連絡先を訪ねるなど、復縁をにおわせることのないものを送るようにするとよいでしょう。借りていたものがまだ残っている場合などもありますが、無理に合って渡そうとせず、相手に返す方法を確認したうえで郵送などを希望されたらそれで対応しましょう。相手が嫌がらずに返事をくれるようであれば誕生日や正月などのイベントに返事が要らない程度のメッセージを送るのも効果的です。あくまでも友人としてのスタンス】で、きちんとメールのやり取りが続けられるように努めましょう。着信拒否をされていたり、返信が来なかった時にはしばらく連絡をせずに放置しておくのも有効です。逆に、今何をしているのか、今日はこんなことがあったなどの返事に困るようなメールは送らないようにしましょう。別れた後では馴れ馴れしいと感じられますし、復縁を希望しているのが相手に知られてしまい、かえって連絡を取りづらくなることの方が多いです。

 こちらに関心を持ってもらうテクニック

相手と定期的に連絡が取れるようになったら、今度は再びこちらに興味を持ってもらう必要があります。これにはいくつかの方法がありますが、共通して言えるのが相手に復縁を希望していることを悟られないようにするという点です。相手から返信が着た場合など、すぐに返事を打たずにしばらく置いておいたり誕生日などのイベントメールを一日遅らせるなど、失礼に当たらない程度で相手が疑問に思うような手段が良いでしょう。もちろん、後で謝ったりフォローすることは大切ですが、メールを待ち構えているような態度では、文面で隠しても態度から復縁希望がばれてしまいます。また、文章を書くときには上から目線や否定的な表現は避けて、明るく前向きな方向で書くようにしましょう。ただでさえ、別れた相手からのメールは好意的にみられるものではありませんので、読んで嫌な気分になる場合には連絡を絶たれる可能性が高いです。文章をきちんと推敲して送り、相手から助力を得られたときにはお礼の連絡を入れるなど、礼儀正しく、相手を不快にさせないように注意しましょう。別れの原因を改善し、嫌な気持ちにさせない付き合いが続けば、復縁の可能性はアップします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る