ブログ

親友を好きになっちゃった・・・友達同士から恋人になるきっかけ作りと注意すべきこと

親友と付き合うきっかけ作りをどう作るか。

あなたの身近にいつもいてくれる親友の存在はとても大きいものですよね。異性であればなおさら存在感が大きいことでしょう。そんな友達を好きになってしまったなんてこともありますよね。思いを伝えるべきか、そのまま友人関係を保っていくか、悩むところだと思います。友人関係を継続していけば、少なくともずっと近くにはいられますが、もし思いを告白して断られてしまった場合、その後友人関係を継続していくことは少々きまずいものです。一歩踏み出すかどうかは、自分次第ですがとても勇気のいることです。思いを伝える前に、自然に付き合うきっかけが作れればラッキーですよね。では、どのように付き合うきっかけを作ればよいでしょうか。いつも身近にいる存在だからこそ、お互いにとても大切な存在だというのは紛れもない事実ですね。その大切な存在であるのを、恋愛関係にもっていくためには少し工夫をしていく必要があります。いつもとは違うシチュエーションを作ることです。例えば、いつも学校や仲間たちと大勢で会うことが多ければ、二人で会う時間を作ることです。食事でも映画でもとにかく二人になること、二人だけの時間を共有することがまず必要です。

 親友との付き合いを深める方法

初めは、相手も普段仲間たちと大勢で会っているので、なんで二人で会うのか不思議に思うかもしれません。「たまには二人でいろいろ話そうよ」気軽に誘ってみましょう。まずは、きっかけをつくることが重要です。その後付き合うことになるかどうかは、二人で会った感じである程度わかると思います。普段とは違って二人っきりで会うと、なんとも照れくさいかもしれません。普段から二人で会うことが普通の状態である方は、いつも二人では行かない場所に誘ってみましょう。例えば、アミューズメントパークなど。遊園地は非日常の世界に浸れるので、ドキドキやわくわく感がでてきます。一緒にいるのが親友でも、ちょっとした錯覚を起こしドキドキが恋愛観に変わっていくかもしれません。その日は、いつものあなたとは違うファッションイメージ作りをしていきましょう。いつもとは違うあなたに、親友もあなたのことを意識するようになるかもしれません。まずは、あなたが一人の友達ではなく、異性であるということを意識してもらうきっかけを作ることが必要です。そこから発展して付き合うということになるかもしれません。恋人同士になるための工夫が必要です。

 親友に告白するとき、した後に注意すること

これまで付き合うきっかけ、方法についてご紹介しました。そして、もし思いきって自分の思いを伝える場合注意しておくことがあります。それは、思いを伝えることでもしかしたら友人関係が終わってしまうこともあるということです。終わるというのは、恋人同士になるという意味もあれば、その逆で相手が自分と同じ気持ちではない場合、その後何となく気まずい雰囲気になることもあると思います。それは一時的なことで、時間が過ぎれば元の友人関係に戻れる方もいると思いますが、もしかしたら他の人と付き合うようになった場合、近くにいることがとても辛くなりますよね。それまでに自分の中で気持ちの整理ができて、友人を応援する余裕ができるようになればよいですが、じくじくとした思いを持っていると、友人と彼女(彼氏)が一緒にいるところを見ただけで思いが爆発してしまうかもしれません。家族の次に、家族以上にとても身近でとても大切な存在である親友だからこそ、ずっと長くいたい、好きになってしまったのであれば恋人同士としてずっといたいという気持ちは当然ですが、一方通行の場合もあるので、思いを伝えた後のことをしっかりと受け止めるという注意が必要かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る