ブログ

恋人がいる人へのスマートな口説き方

相手に恋人がいてもいなくても関係ない。

世の中には多種多様な恋愛模様が存在しますが、その中でも一度は映画のような恋愛に憧れていたという方がいらっしゃると思います。成就した方もいるかと思いますが、その殆どはそのような恋愛に憧れを強く抱き、理想と現実の差を突きつけられたが故に多かれ少なかれ傷ついてしまった方のほうが多くいらっしゃると思います。現実を見たとき、恋愛感情を抱いてしまった相手への限りなく無垢な愛情を思い出せますか。そしてそれはきっと、周りを見えなくする魔法のような力を持っていたはずです。ひとがひとを心から愛するとき、周りの視線や否定的な声は関係のないものとして捉えることが出来てしまいます。夢中になった恋愛感情は時として残酷なほど純粋なままに突き進みたがるのです。そうなってしまうともはや、相手に恋人がいるかどうかの確認すらせず、自らの可能性のみを信じて、はたまた成功する確信を以って突っ走ってしまいます。ですが冷静になれば、そのような情熱をたったひとりにぶつけることができるのも、恋愛が恋愛であるためのひとつの理由なのかもしれません。運命的な出会いをしてしまったとき、相手に恋人がいるかどうかの冷静な判断は必要のないことなのかもしれません。

恋人がいないひとよりは口説きやすい。

恋人がいないひとというのは、恋人がいるひとよりも側に異性がいる。これは当たり前のことでしょう。はっきりとした敵がいないかわりに、誰しもその方を狙えると知れば異性が混雑してしまうのは仕方のないことです。そうしてその中のひとりになってしまえば、様々な見えない敵と同時に戦わざるを得ないケースも増えてくることでしょう。一般的な倫理として、恋人がいるひとへの外野からの愛情を示す行為は禁じ手なのかもしれません。そう考える理由も痛いほどわかります。ですが先に述べたように、好きになってしまうだけの理由をその人から感じ、それを運命と捉えてしまうと外部からの情報はある程度どうでもよくなってしまいます。一心にそう確信した時、恋人がいないひとよりも口説きやすいのはむしろ恋人がいるひとだと思うのです。このような思考にたどり着くと、口説くことへの偏見やストレスはもはやほとんど考えられません。そして、恋愛感情の中でもとびきりに自らを動かす理由やその思いの丈をぶつけても、このような口説き方になんら悪気を感じないまでになるでしょう。善悪の比較ではなく、事実として、よりスマートに事を運ぶ事が可能になりそうだと思いませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る