ブログ

出会いのキッカケになる「偶然」を創造するための下調べ

恋に落ちるきっかけを知ろう

YUKA160113560I9A4099_TP_V

恋に落ちるキッカケはいくつかあり、最もシンプルなのは顔が好みだというものです。これに関しては生まれながらのものであり、努力しても難しい場合があるので、参考にするのは難しいかもしれません。しかしその他にも存在しているので、人間に備わっている深層心理を活用することで、偶然を利用するのがおすすめです。いわゆる運命の出会いを演出することで、自分のことを強く意識させて、恋に落ちるキッカケを作り出すことができます。
もちろん簡単に行えるわけではありませんが、ある程度の下調べ情報収集を行えば不可能ということはありません。準備のための時間がかかりますが、人は第一印象で受けたイメージをその後ずっと引きずり続けるので、好印象を与えることによって良好な関係性を築きやすくできます。また夢見がちな女性の場合、ロマンティックな偶然出会い運命を感じる場合も多く、昔から利用されていた方法です。上手くいけばかなりの確率で好意を抱かせる、恋心を作り出すことができますが、ばれると逆に嫌われてしまいます。ただし内容によっては頑張り・努力だと認められることもあるので、少しでも有利に進めたい場合は出会わせ屋に依頼してみてもいいかもしれません。

演出方法はシンプルものにしよう

yuka16011201IMG_5612_TP_V

人は運命偶然キッカケというものを好むもので、ドラマや映画で使い古された手段は有効な場合があります。例えば街中で落としたハンカチを拾ってもらった、ナンパや酔っ払いに絡まれてた時に助けてもらう、そういった時に特別な間柄を意識します。もちろんすぐ恋心発展することはありませんが、その後に再び出会うと巡り合う運命を感じる人は多いです。この心理をうまく活用すると、恋愛がうまくいく可能性が高まります
ただポイントとして、ドラマや小説ではなく現実で偶然の出会いを演出するのは簡単ではなく、さまざまな予測できない不足自体が起こることを考えなければいけません。入念に下調べをしても何が起こるか分からない世の中なので、失敗してもリスクの少ない方法にすると安全です。おすすめは意中の相手にアクションを起こしてもらうことで、ハンカチや帽子を落とすなど些細なことで良く、相手が拾ってくれた時にはしっかりと感謝の気持ちを伝えて、自分の意識させてください。これが第一段階で、次がある意味では本番となり、二度目の出会い作り出していきます。ここで恋に落ちるキッカケを作るといっても過言ではないので、しっかりと下準備をしてください。

チャンスを活かすために

OTAKEBEgirl_TP_V

意中の相手に自分を意識させる、好意を抱かせるためには最初にインパクトを与えることが大切で、偶然の出会いというのは大きなチャンスキッカケになります。ただし普通に生活している中でそういった機会はほとんどなく、だからこそ運命を感じさせます。ただし下調べをして作り出すことは可能で、自らそういったシーンを作り出すのも恋愛を有利に進めるためには必要です。
小細工と思うかもしれませんが、意外とこういった方法は効果的で、「偶然」を上手く使うことで自分を意識させる、さらに好印象を持ってもらえるのは恋愛を考えた時に役立ってくれます。物事は自分一人の努力で解決するものがあれば、相手の気持ちや感情が必要となる場合もあり、恋愛はまさに自分だけでは成り立ちません。正攻法で告白しても難しい、そういった時は小細工かもしれませんが、出会わせ屋を使ってキッカケを演出するのもおすすめです。

この方法は上手く使えば、フリーの相手だけではなく恋人がいる、または既婚者であっても落とすことができます。偶然の出会いを演出するだけで恋の発展がスムーズになりますが、そのためには違和感のないように入念な下調べが必要です。しっかりと行い仕掛ければ、高い確率で恋に落ちることが可能になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る