ブログ

偶然のような運命を作る方法

「偶然」は「必然」によって生まれる

例えば、「私にはいつか白馬に乗った王子様が現れて素敵な世界へ連れ出してくれる」と言った期待を持ち続けている女性が居るとしましょう。自分自身が希望を持ち続けているだけならまだ良いですが、それを他人に話したとしたらどう思いますか?もしかしたら共感できる人も居るかもしれませんが、ほとんどの人は「現実を見た方が良い」とアドバイスすると思います。世の中には理想郷は無いし、絵にかいたようなロマンチックな運命の出会いなどは無い、仮にあったとしてもそこに巡り合える可能性は天文学的だと思っている人は「現実的」とも言えますが、少々面白みに欠ける部分もあります。「運命の出会い」と言えば、誰しも偶然に訪れる出会いの事を指していると考えるでしょう。確かに偶然の出会いが運命の相手だったと言う可能性はありますが、よくよく考えてみれば「偶然を生み出すためには必然が必要」になります。何らかのアクションを自発的に起こし、その結果として運命的な偶然・出会いを得ることが出来たと言う「結果」が運命的だと感じるに過ぎず、客観的に見ればそれほどの希少性は感じられないことも少なくありません。つまり、「自分で作ることが出来る」と言うことはよく覚えておくと良いでしょう。

 

自分の望む結果・運命を整理する

その結果が偶然か必然かは別として、いずれにしてもまずは「結果を客観的に評価できるだけの環境」を整えることが必要です。例えば、小学生時代に好きだった人と30代を目前に偶然出会ったとしましょう。約20年の間、相手がどこで何をしているのかも分からず、年齢相応に容姿も変わってきているであろう環境の中でも「もしかしたら」という気づきがあったことはある意味奇跡です。すると、当事者としては「これは運命の出会いなのかもしれない」などと考えてしまい、本当は好きでもなんでもなかった相手に対して強い好意・興味を持つようになります。その結果、奇跡的な出会いによって結ばれた夫婦などという自己満足の世界に自分を投影した人生を歩んでいくことになるでしょう。それ自体が良いとも悪いとも言いません。本人がどう感じるのかが重要であり、それだけが意味を持つものである以上は、本人以外が結果に対してどうこう言う必要すらないでしょう。ただし、客観的な意見を求められたとしたら、「元々行動圏が似ていただけ」と言った結論に着地してしまいます。心理学にもあるようなミラー効果などを参考にしていくと、特に元恋人などとはそういった出会いをする可能性が高くなるのは「必然」と言えます。

 

好きな人に振り向いてもらう為に

個人的な見解としては、ほとんどの結果が必然であると考えています。しかし、誰もが同じような考えを持っている訳ではありませんし、特に女性はそういった結果に対して強い憧れ・願望を抱いているものです。これらを上手に活用すること「好きな人に振り向いてもらう方法」にすらなり得ます。在り来たりな出会いであっても演出の方法次第では「運命的な出会い」として作ることも出来ます。必ずしも協力者が必要になる訳ではありませんので、自分一人で演出を作ることも可能です。方法としては回りくどくなりやすく、結果的に逆効果になってしまう可能性もあります。しかし、上手に演出することさえ出来れば、通常よりも圧倒的に良い印象を相手に与えられる方法にもなります。常識的な範囲を弁えたうえで、相手の行動圏をある程度把握してその中で活動すると言うことを繰り返します。と言っても、毎日のように会っていたのでは意味がないので、効果的な印象を与えられるように工夫するようにしましょう。「以前どこかで」と言って話しかけても良いでしょう。奇跡的な出会い、運命の出会いは誰しも一定の憧れを持ちます。上手に活用することは簡単ではないでしょうが、努力によって相手によりいい印象を与えられるきかっけにもなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ
ページ上部へ戻る